HOME»ネットワークスペシャリスト 平成26年秋期

ネットワークスペシャリスト 平成26年秋期試験問題

【試験データ】
開催日平成26年10月19日
応募者数20,220人
受験者数13,215人
合格者数1,832人
合格率13.9%
過去問PDF 午前T問題  午前T解答
 午前U問題  午前U解答
 午後T問題  午後T解答
 午後U問題  午後U解答
 得点分布
配布元URLIPA 26年秋期試験

平成26年秋期 午前T▼午前U

No論点分類解説
問1カルノー図と等価な論理式離散数学
問2M/M/1の待ち行列モデル応用数学
問3グラフ理論応用数学
問4ライトバック方式を使用する目的メモリ
問5稼働率の計算システムの評価指標
問6Linuxカーネルの説明はどれかオープンソースソフトウェア
問7フリップフロップ回路ハードウェア
問8顧客コードの最も少ない桁数インタフェース設計
問9関係Rの候補キーはどれかデータベース設計
問10IPの上位階層のプロトコル通信プロトコル
問11サブネットワークのアドレス通信プロトコル
問12SMTP-AUTHにおける認証の動作セキュリティ実装技術
問13DNSキャッシュポイズニング情報セキュリティ
問14Webアプリケーション 脅威と対策セキュリティ実装技術
問15WPA2の暗号アルゴリズムセキュリティ実装技術
問16テストデータの作成方法ソフトウェア構築
問17委託開発における成果物の著作権知的財産適用管理
問18構成管理の対象項目資源マネジメント
問19ファストトラッキング技法タイムマネジメント
問20SLAに記載する内容サービスマネジメント
問21目標復旧時点(RPO)サービスマネジメントプロセス
問22網羅性のチェックポイントシステム監査
問23バランススコアカードビジネス戦略と目標・評価
問24SOAを説明したものはどれかソリューションビジネス
問25請負型の契約が適切なフェーズ調達計画・実施
問26SCM経営管理システム
問27コア技術の事例はどれか経営戦略手法
問28コンカレントエンジニアリングエンジニアリングシステム
問29因果関係を明らかにする図OR・IE
問30不正競争防止法での営業秘密知的財産権

平成26年秋期 午前U▲午前T

No論点分類解説
問1リンクローカルユニキャストアドレス通信プロトコル
問2PLCの説明として適切なものデータ通信と制御
問3呼量は何アーランかネットワーク方式
問4マルチキャストに関する記述通信プロトコル
問5スパニングツリープロトコルデータ通信と制御
問6IPv6のアドレスを登録するレコード通信プロトコル
問7BGP-4の説明として適切なものデータ通信と制御
問8ホスト名とIPアドレスの対応付け通信プロトコル
問9IPv6でのMACアドレス解決プロトコル通信プロトコル
問10サブネットワークアドレス通信プロトコル
問11到達可能な最大ホップ数は幾らかデータ通信と制御
問12RSVPの説明として適切なもの通信プロトコル
問13利用可能なホスト数は最大幾つか通信プロトコル
問14ネットワークの制御に関する記述データ通信と制御
問15インターネットの国際化ドメイン名ネットワーク方式
問16DNSSECの機能はどれかセキュリティ実装技術
問17ディジタル証明書に関する記述情報セキュリティ
問18IEEE 802.1XとRADIUSでの認証セキュリティ実装技術
問19CSIRTの説明として適切なもの情報セキュリティ管理
問20ビヘイビア法を説明したもの情報セキュリティ対策
問21POP before SMTPセキュリティ実装技術
問22メモリインタリーブメモリ
問23送信開始から受信完了までの時間ネットワーク方式
問24バグ埋込み法ソフトウェア構築
問25リバースエンジニアリング開発プロセス・手法

平成26年秋期 午後T

Noテーマ解説
問1 ネットワーク構成の見直し
問2 ファイアウォールの障害対応
問3 ネットワークのセキュリティ対策

平成26年秋期 午後U

Noテーマ解説
問1 標的型メール攻撃の対策
問2 サービス用システムの構築
© 2015-2018 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop