ネットワークスペシャリスト 平成26年秋期 午前U 問21

午前U 問21

利用者が別の機能によって認証された後,一定時間に限ってメールの送信を許可する仕組みはどれか。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » セキュリティ実装技術

正解

解説

POP before SMTPは、電子メールをSMTPサーバへ送信するのに先立ってPOP3による認証を行い、認証が成功したクライアントのIPアドレスに対して電子メールの送信を一定時間許可する仕組みです。SMTP-AUTHが実装されていない旧バージョンのメールサーバソフトにおいて、メール送信の際のユーザ認証を実現するために使用されていました。

したがって正解は「ウ」です。
  • DomainKeys Identified Mailの略。送信する電子メールにディジタル署名を付加し、受信側で発信元DNSサーバに登録されている公開鍵を使用してディジタル署名の検証を行うことで発信元メールサーバの正当性を検証する仕組みです。
  • Outbound Port 25 Blockingの略。ISP管理下の動的IPアドレスからISPのメールサーバを経由せずに外向き(インターネット方向)に発信されるSMTP通信(ポート25番)を遮断することでスパムメールの投稿制限を行う手法です。
  • 正しい。
  • Sender Policy Frameworkの略。送信元IPアドレスを根拠に、正規のサーバから送られた電子メールかどうかを検証する技術です。
© 2015-2019 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop