ネットワークスペシャリスト 平成27年秋期 午前U 問6

午前U 問6

HDLC手順で用いられるフレーム中のフラグシーケンスの役割として,適切なものはどれか。
  • 受信確認を待たずに複数フレームの送信を可能にする。
  • フレームの開始と終了を示す。
  • フレームの転送順序を制御する。
  • フレームの伝送誤りを検出する。
  • [この問題の出題歴]
  • ネットワーク H17秋期 問22

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » データ通信と制御

正解

解説

フラグシーケンスとは、送信するデータの境目を識別するためにフレームの前後に挿入される「01111110」という8ビットのパターンです。データ中の1が連続して5回続く部分に対しては、送信時にその後に"0"を挿入し、受信側でその挿入された"0"を取り除く「ゼロインサーション処理」を行うことでフラグの一意性を保っています。

HDLC手順ではこのフラグを使用して同期をとる「フラグ同期方式」が採用されています。以下はHDLCフレームの構成です。
06.gif/image-size:450×80
  • HDLCでは、フロー制御の方法としてTCPと同じスライディングウィンドウ方式を採用しています。これを実現するのは制御部の送信/受信シーケンス番号の役割です。
  • 正しい。フラグシーケンスの役割です。
  • 制御部の送信/受信シーケンス番号の役割です。
  • フレームチェックシーケンス(FCS)の役割です。
© 2015-2019 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop