ネットワークスペシャリスト令和6年春期 午前Ⅰ 問19

問19

工場の生産能力を増強する方法として,新規システムを開発する案と既存システムを改修する案とを検討している。次の条件で,期待金額価値の高い案を採用するとき,採用すべき案と期待金額価値との組合せのうち,適切なものはどれか。ここで,期待金額価値は,収入と投資額との差で求める。

〔条件〕
  • 新規システムを開発する場合の投資額は100億円であって,既存システムを改修する場合の投資額は50億円である。
  • 需要が拡大する確率は70%であって,需要が縮小する確率は30%である。
  • 新規システムを開発した場合、需要が拡大したときは180億円の収入が見込まれ,需要が縮小したときは50億円の収入が見込まれる。
  • 既存システムを改修した場合,需要が拡大したときは120億円の収入が見込まれ,需要が縮小したときは40億円の収入が見込まれる。
  • 他の条件は考慮しない。
  • am1/54.gif/image-size:426×155

            
  • [出典]
  • 応用情報技術者
    令和6年春期 問54と同題

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトの調達

正解

解説

新規システムを開発する場合と、既存システムを改修する場合のそれぞれに、需要が拡大・需要が縮小の2通りのケースが存在します。デシジョンツリーで表すと以下のとおりです。
am1/54_1.gif/image-size:532×287
新規システムを開発する案の期待金額価値
80×0.7+▲50×0.3=56-15=41億円
既存システムを改修する案の期待金額価値
70×0.7+▲10×0.3=49-3=46億円
採用すべきは2つを比べて期待金額価値が高い「既存システムの改修」、その期待金額価値は「46億円」です。したがって「ア」の組合せが適切です。
© 2015-2024 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop