ネットワークスペシャリスト令和4年春期 午前T 問4

午前T 問4

キャッシュメモリのアクセス時間が主記憶のアクセス時間の1/30で,ヒット率が95%のとき,実効メモリアクセス時間は,主記憶のアクセス時間の約何倍になるか。

  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    令和4年春期 問9と同題

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

実効アクセス時間を計算する公式は以下のとおりです。

 (キャッシュメモリのアクセス時間×ヒット率)+主記憶のアクセス時間×(1−ヒット率)

主記憶へのアクセス時間を"1"とすると、キャッシュメモリへのアクセス時間は"1/30"と表すことができます。この値を上記の公式に代入して、主記憶へのアクセス時間に対する実効アクセス時間の割合を計算をします。

 (1/30×0.95)+1×0.05
=0.95/30+0.05
=0.95/30+1.5/30
=2.45/30
=0.081666…≒0.08

したがって、実効メモリアクセス時間は主記憶のアクセス時間のおよそ「0.08倍」になることがわかります。
© 2015-2022 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop