ネットワークスペシャリスト令和4年春期 午前T 問5

午前T 問5

プロセッサ数と,計算処理におけるプロセスの並列化が可能な部分の割合とが,性能向上へ及ぼす影響に関する記述のうち,アムダールの法則に基づいたものはどれか。
  • 全ての計算処理が並列化できる場合,速度向上比は,プロセッサ数を増やしてもある水準に漸近的に近づく 。
  • 並列化できない計算処理がある場合,速度向上比は,プロセッサ数に比例して増加する。
  • 並列化できない計算処理がある場合,速度向上比は,プロセッサ数を増やしてもある水準に漸近的に近づく。
  • 並列化できる計算処理の割合が増えると,速度向上比は,プロセッサ数に反比例して減少する。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    令和4年春期 問12と同題

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

アムダールの法則は、計算処理中の並列可能な部分の割合が、プロセッサを増やしたときの性能向上比にどのように影響するかの関係を示した法則です。性能向上比、並列可能な部分の割合、プロセッサ増加数は以下の関係があります。
am1/12.gif/image-size:434×73
  • すべての部分が並列化できる場合、性能向上比は以下の式で求めることになります。
     性能向上比=11/プロセッサ数
    単純にプロセッサ数が増えるほど式の分母が小さくなっていき性能向上比は大きな値になります。高速化を阻むものがないので、速度向上比は、ある水準で留まらずにプロセッサ数に比例して増加します。
  • 並列化できない計算処理がある場合、その部分はどれだけプロセッサ数を増やしても一定の速度でしか計算できないので、速度向上比は、プロセッサ数を増やしてもある水準に漸近的に近づきます。
  • 正しい。「イ」の解説どおりです。
    並列化できない部分がある場合、どれだけプロセッサ数を増やしても速度向上比は一定値で頭打ちになるというのが、アムダールの法則に基づく結論です。
  • 並列化できる部分の割合が増えると、同じプロセッサ数でも速度向上比は増加します。減少することはありません。
© 2015-2022 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop