HOME»ネットワークスペシャリスト掲示板»平成25年 午後Ⅱ 問1 設問2(5)の(B)
投稿する

[0371] 平成25年 午後Ⅱ 問1 設問2(5)の(B)

 みやっちさん(No.1) 
どなたかわかる方がおられればご教授をお願いします。

◆回答(IPA公表)
  L3SW1  →  L3SW2  →  L3SW1  →  L2SW1

◆質問
  L3SW1  →  L3SW2の流れは、
    ・仮想サーバ3のデフォルトゲートウェイ(VIP4)であること
    ・L2SW4のp23=ブロッキングポートであること
  から理解はできます。

  L3SW2  →  L3SW1についても、
    ・L2SW1のp12=ブロッキングポートであること
  からも理解はできます。

  ですが、上記の一連の流れで、L3SW2の中では、何が起こっているのでしょうか?
  L3SW2のルーティングによるものなのでしょうか?
  (ルーティング時にSTPのブロッキングポートとか考慮しているのでしょうか?)

  どなたかわかる方が居られましたら、教えていただきますと幸いです。
  宜しくお願い致します。
2024.01.21 18:36
hisashiさん(No.2) 
NW シルバーマイスター
この投稿は投稿者により削除されました。(2024.01.21 21:44)
2024.01.21 21:44
hisashiさん(No.3) 
NW シルバーマイスター
>  ですが、上記の一連の流れで、L3SW2の中では、何が起こっているのでしょうか?

L3SW2でルーティングされ、その後はL2SWの機能でPCまでの経路をたどります。

>  L3SW2のルーティングによるものなのでしょうか?
>  (ルーティング時にSTPのブロッキングポートとか考慮しているのでしょうか?)

ルーティング先の状態を監視するような仕組み(追跡機能)が有効の場合、STPのブロッキングが考慮に入る可能性がありますが、今回のケースでは、記載がないため考慮されていないものと考えられます。

各々の処理が判るように間に番号を振ってみました。

(①)L3SW1 →(②) →  L3SW2 →(③④)→  L3SW1 →(⑤)→  L2SW1

①L2SW3及びL2SW4のFDBテーブルに基づきL3SW1にL2転送
②L3SW1のFDBテーブルに基づきL3SW2にL2転送
③L3SW2のVLAN110インタフェース(SVI)からVLAN10インタフェース(SVI)にルーティング
④L3SW2のFDBテーブルに基づきL3SW1にL2転送
⑤L3SW1のFDBテーブルに基づきL2SW1にL2転送

※FDBテーブル=MACアドレステーブル
  ①②の宛先MACアドレスVR4=仮想MACアドレス
  ④⑤の宛先MACアドレス=PC1のMACアドレス
2024.01.21 21:47
 みやっちさん(No.4) 
hisashiさん

お礼遅れて、申し訳ございません(体調不良で何も手付かずでした)。
ご丁寧な解説、大変、勉強になり、感謝しております。

納得できました。特に番号を振っていただいた③のところですが、
やはり、L3SW2の中でVLANのルーティングを実施していたのですね。
追跡機能とか、また詳しく調べてみようと思います。

ありがとうございました。
2024.01.28 10:27
返信投稿用フォーム

お名前

顔アイコン


本文(コミュニティガイドライン⇱を順守して適切な投稿を心がけましょう)

投稿削除用のパスワード(20文字以内)

投稿プレビュー
※宣伝や迷惑行為を防止するため、当サイトとIPAサイト以外のURLを含む文章の投稿は禁止されています。

投稿記事削除用フォーム

投稿No. パスワード 
© 2015-2024 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop