HOME»ネットワークスペシャリスト掲示板»ラウンドトリップ時間とターンアラウンド時間との違い
投稿する

[0368] ラウンドトリップ時間とターンアラウンド時間との違い

 ennaoさん(No.1) 
平成26年度午後1問1 設問3(2)について

回答は、ラウンドトリップ時間が大きい場合とありますが、

ラウンドトリップ時間とターンアラウンド時間との違いは何でしょうか?
2024.01.19 13:07
hisashiさん(No.2) 
NW シルバーマイスター
RTT(ラウンド トリップ タイム)は純粋にリクエストを送出してからレスポンスを受信するまでの時間に対し、TAT(ターン アラウンド タイム)は、クライアント側の解釈(処理時間)が入るという違いがあります。

Windowsのコマンドプロンプト上でpingを実行する場合に置き換えますと、
PING実行から画面に応答が表示されるまでの時間がTAT、ICMPパケット送出から応答受け取るまでの時間がRTTとなります。

PCのGWにPINGを実行すると、応答の表示には1秒くらいかかりますが、RTTは数ms位で表示されるかと思います。

過去問では、22年度午後1問1 P3にRTT、TATの説明があります。
2024.01.20 08:56
 ennaoさん(No.3) 
詳しい説明ありがとうございました。

>過去問では、22年度午後1問1 P3にRTT、TATの説明があります。
22年度午後1問1の説明も確認しておきます。
2024.01.22 12:22
返信投稿用フォーム

お名前

顔アイコン


本文(コミュニティガイドライン⇱を順守して適切な投稿を心がけましょう)

投稿削除用のパスワード(20文字以内)

投稿プレビュー
※宣伝や迷惑行為を防止するため、当サイトとIPAサイト以外のURLを含む文章の投稿は禁止されています。

投稿記事削除用フォーム

投稿No. パスワード 
© 2015-2024 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop