ネットワークスペシャリスト 平成29年秋期 午前U 問8

午前U 問8

IPv6のIPアドレスに関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • IPv4に比べてアドレスフィールドが拡張されたので,ルータでの中継処理の遅延が増加する。
  • IPアドレスは10進数を用いる表記が推奨されている。
  • 上位96ビットを全て1としたアドレスはIPv4射影アドレスとして使用される。
  • ホストはルータからの情報によって自分のIPアドレスを自動設定できる。
  • [この問題の出題歴]
  • ネットワーク H20秋期 問27

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

  • アドレスフィールドは巨大になりましたが、ヘッダのチェックサムが削除されたためパケットを中継するルータの負荷は軽減されています。
  • IPv6アドレスは、16ビット毎に区切った各グループを16進数で表記する方法が推奨されています。
  • IPv4射影アドレスは、IPv6機器がIPv4機器と通信する際に使用するアドレスで、上位80ビットに"0"、81〜96ビットに"1"、残りの32ビットにIPv4アドレスを埋め込んだものです。
    08.gif/image-size:496×86
  • 正しい。IPv6には、ICMPv6に規定された近隣探索を用いてIPアドレスを自動設定できる仕組みが備わっています。
© 2015-2019 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop