ネットワークスペシャリスト 平成28年秋期 午前U 問13

午前U 問13

図のようなルータ6台から成るネットワークにおいて,宛先IPアドレス 10.100.100.1 のIPパケットをルータYから受け取ったルータZは,どのルータに転送するか。ここで,ルータZは次に示すルーティングテーブルを用い,最長一致法(longest-match algorithm)によってルーティングするものとする。
13.gif/image-size:436×390

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

最長一致(ロンゲストマッチ)は、ルーティングテーブルからパケットの送出先を決定する際に、ネットワークアドレスが一致したルート情報のうちサブネットマスクが最も長いものを送出先に選択するアルゴリズムです。一致するサブネットマスクが長いということは、宛先の範囲をより限定している経路であることを意味します。

まず、ルータZのルーティングテーブルから宛先IPアドレス 10.100.100.1 に一致するルート情報を調べます。(SM:サブネットマスク)

[宛先:10.0.0.0,SM:255.0.0.0]
13_1.gif/image-size:460×70
一致します

[宛先:10.64.0.0,SM:255.224.0.0]
13_2.gif/image-size:460×70
一致しません。

[宛先:10.96.0.0,SM:255.252.0.0]
13_3.gif/image-size:460×70
一致しません。

[宛先:10.128.0.0,SM:255.128.0.0]
13_4.gif/image-size:460×70
一致しません。

[宛先:0.0.0.0,SM:0.0.0.0]
0.0.0.0/0 はデフォルトルートなので、どのIPアドレスとも一致します。(サブネットマスクが0ビットまで一致すると考えます)

宛先IPアドレスと一致するルート情報は、1行目の 10.0.0.0/8 と 0.0.0.0/0(デフォルトルート) の2つです。ロンゲストマッチでは一致するサブネットマスクが最も長い経路が選択されるため、この2つのうち 10.0.0.0/8 が採用されます。10.0.0.0/8 宛てのネクストホップは 192.168.1.254 なので、ルータZはルータAに向けてIPパケットを送出します。したがって正解は「ア」になります。
© 2015-2019 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop