ネットワークスペシャリスト 平成25年秋期 午前U 問7

午前U 問7

FC(ファイバチャネル)フレームをイーサネットで通信するFCoEの説明のうち,適切なものはどれか。
  • イーサネットのパケットサイズに合わせて,FCフレームサイズが調整される。
  • 通信のオーバヘッドを小さくするために,UDPを用いる。
  • 通信の信頼性を確保するために,TCPを用いる。
  • 転送ロスを発生させないための拡張がされたイーサネットで,FCフレームを通信する。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » データ通信と制御

正解

解説

FCoE(Fibre Channel over Ethernet)は、FC(ファイバチャネル)のフレームをイーサネットのフレームでカプセル化することで、DCB(Data Center Bridging)などの拡張された10Gbpsイーサネット上で伝送する技術です。LAN環境とFC-SAN環境が統合されたネットワークにおいて使用されます。
  • FCのフレームが最大2,112バイトであるのに対して、イーサネットフレームのデータフィールドは46〜1,500バイトです。FCフレームとイーサネットフレームのマッピングは1対1で行われるため、FCフレームのカプセル化には拡張イーサネットの「イーサネットジャンボフレーム」が使用されます。
  • FCoEではIPによるルーティングは行われず、TCPやUDPも使用されません。
  • 「イ」と同じ理由でTCPは使用されません。FCは高品質の光ファイバを伝送媒体としているため、伝送路上でのビット誤りの発生確率は基本的にゼロです。さらに拡張イーサネットではバッファ枯渇によるフレームロスに対処するため「優先度によるフロー制御(PFC)」「トラフィックごとの帯域制御(ETS)」「スイッチ間の情報交換(DCBX)」という3つの仕組みが規定されています。
  • 正しい。拡張イーサネットフレームでFCフレームをカプセル化して通信を行います。
© 2015-2019 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop