ネットワークスペシャリスト令和5年春期 午前U 問4

問4

ネットワークで利用されるアルゴリズムのうち,TCPの輻輳制御アルゴリズムに該当するものはどれか。
  • BBR(Bottleneck Bandwidth and Round-trip propagation time)
  • HMAC(Hash-based Message Authentication Code)
  • RSA(Rivest-Shamir-Adleman cryptosystem)
  • SPF(Shortest Path First)

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

  • 正しい。BBRは、Googleが開発したTCPの輻輳制御アルゴリズムです。TCPとして標準化されている輻輳制御は、徐々にウインドウサイズを増やしていき、パケットの損失を検出したら送信量を抑えるというものです。一方、BBRは、ボトルネック帯域幅と往復伝播時間を常に監視し、ネットワークの混雑状態を正確に把握することで、パケットの損失が起こる前に送信量を調整します。これにより、TCPのパフォーマンスが改善されます。
  • HMACは、共有秘密キーとハッシュ関数で生成したメッセージ認証コード(MAC)により、メッセージの完全性と認証を行う方式です。
  • RSAは、公開鍵暗号の代表的な方式です。大きな素数の積を素因数分解することが困難であるという計算量の多さを安全性の根拠としています。暗号化通信やデジタル署名など、セキュリティを確保するために使用されます。
  • SPFは、ネットワークルーティングのアルゴリズムの一つで、特定のノードからネットワーク上に存在するすべての他のノードに対する最短経路を決定するものです。ネットワークをグラフとして表現し、各経路に重み(距離またはコスト)を割り当てることによって最短経路の計算を行います。
© 2015-2024 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop