ネットワークスペシャリスト令和3年春期 午前U 問12

午前U 問12

IoTで利用される通信プロトコルであり,パブリッシュ/サブスクライブ(Publish/Subscribe)型のモデルを採用しているものはどれか。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

MQTT(Message Queueing Telemetry Transport)は、短いメッセージを頻繁にやり取りすることに特化したシンプルかつ軽量のプロトコルで、IoTネットワークやモバイルアプリケーションでの活用が期待されています。MQTTはパブリッシュ(送信側)とサブスクライブ(受信側)の間をMQTTブローカー(メッセージ配信サーバ)が取り持つという通信モデルになっているので、HTTPと比較して、一対多や多対多の通信もできる、ヘッダサイズが最小で2バイトと小さい、シンプルな通信シーケンス、送信したメッセージがサーバで保持されるなどのIoTネットワークに適した強みがあります。
12.gif/image-size:473×216
  • 6LoWPAN(シックスローパン)は、低速・低消費電力のIEEE 802.15.4ネットワーク上で効率よくIPv6通信を行うために、パケットの分割と再結合、ヘッダ圧縮等の最適化を定めた仕様です。
  • Bluetooth Low Energyの略。無線通信規格Bluetoothの一部で、その名前の通り低消費電力に特化した通信モードのことです。
  • 正しい。MQTTは、パブリッシュ/サブスクライブ型の通信モデルを採用する軽量のメッセージ配信プロトコルです。
  • Wi-SUN(Wireless Smart Utility Network、ワイサン)は、920MHz帯を使用するLPWA規格の一つで、100台から1,000台のメッシュ型ネットワークです。
© 2015-2021 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop