ネットワークスペシャリスト 平成29年秋期 午前U 問3

午前U 問3

二つのルーテイングプロトコルRIP-2とOSPFを比較したとき,OSPFだけに当てはまる特徴はどれか。
  • 可変長サブネットマスクに対応している。
  • リンク状態のデータベースを使用している。
  • ルーティング情報の更新にマルチキャストを使用している。
  • ルーティング情報の更新を30秒ごとに行う。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

  • どちらのプロトコルも可変長サブネットマスクに対応しています。なお、RIP-1はサブネットマスクに対応していません。
  • 正しい。OSPFではリンク状態のデータベースを使用して経路制御を行います。一方、RIP-2では距離ベクトル(経由するルータ数と方向)のデータベースを使用します。
  • どちらのプロトコルも更新通知にマルチキャストを使用します。なお、RIP-1ではブロードキャストを使用します。
  • RIP-2の特徴です。OSPFではネットワーク構成に変化があった場合にだけルーティング情報を更新します。
© 2015-2019 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop