ネットワークスペシャリスト 平成24年秋期 午前T 問4

午前T 問4

命令を並列実行するためのアーキテクチャであって,複数の命令を同時に実行するとき,命令を実行する演算器をハードウェアによって動的に割り当てる方式はどれか。
  • SMP
  • VLIW
  • スーパスカラ
  • スーパパイプライン
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    平成24年秋期 問9と同題

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » プロセッサ

正解

解説

スーパースカラは、CPU内部に複数のパイプラインを用意して、パイプラインの各ステージを並列に実行することで処理を高速化する手法です。スーパスカラでは、CPU内部の分配機構がメモリから命令群を読み込み、そこから並列に実行できる命令を選択し、実行ユニット群にそれらを供給します。
am1/09.gif/image-size:299×170
  • Symmetric Multiple Processorの略で対称型マルチプロセッサのこと。複数のプロセッサに処理を分散することで並列処理を行う方式です。
  • Very Long Instruction Wordの略。命令語を長く取り,一つの命令で複数の機能ユニットを同時に制御することによって高速化を図る方式です。
  • 正しい。
  • スーパパイプラインは、パイプラインを更に細分化することによって高速化を図る方式である。
© 2015-2019 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop