ネットワークスペシャリスト 平成22年秋期 午前U 問4

午前U 問4

LANに関する記述のうち,1000BASE-Tを説明したものはどれか。
  • 2対のUTPケーブルを使用し,最大距離は100mである。
  • 4対のUTPケーブルを使用し,最大距離は100mである。
  • シングルモード光ファイバケーブルを使用し,最大距離は5kmである。
  • マルチモード光ファイバケーブルを使用し,最大距離は400mである。
  • [この問題の出題歴]
  • ネットワーク H15秋期 問37
  • ネットワーク H19秋期 問45

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » データ通信と制御

正解

解説

1000BASE-Tは、伝送媒体としてカテゴリ5(CAT5)以上のシールドなしツイストペアケーブル(UTPケーブル)を使用し、ケーブル長100m以内の範囲で最大1Gbps(1,000Mbps)の通信を行う規格で、IEEE 802.3abとして標準化されています。
通常ツイストペアケーブルには、2本の導線をよったものを1ペアとし、4ペア(導線8本)が1本のケーブルに収められています。10BASE-Tと100BASE-TXではその内の2ペア(導線4本)、1000BASE-Tでは4ペア全てを使用します。

したがって「イ」が適切な説明です。
  • 10BASE-Tや100BASE-TXの説明です。
  • 正しい。1000BASE-Tの説明です。
  • 1000BASE-LXの説明です。
  • 100BASE-FXの説明です。
© 2015-2019 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop