ネットワークスペシャリスト 平成22年秋期 午前U 問23

午前U 問23

ノードN1とノードN2の間をノードNを介して通信路で結んだデータ伝送網がある。N1とN2の間の構成についてA〜Cの三つの案を考えた。ノードは故障しないものとし,各ノード間の通信路が故障する確率は,全て等しくF(0<F<1)とする。三つの案を,稼働率が高い順に並べたものはどれか。
23.gif/image-size:471×86
  • B案>A案>C案
  • B案>C案>A案
  • C案>A案>B案
  • C案>B案>A案

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

A案とB案を比較した場合、A案とB案はノードの配置が同じながら、B案にはA案にはない N−N 間の伝送路があるため冗長性がより高くなっていることになります。

したがって稼働率は B案>A案 です。

さらにB案とC案を比較すると、C案ではB案の中間ノードNが1つに統合され、B案における N−N 間の伝送路が無くなっています。これはB案における N−N 間の伝送路の故障率が 0 になって状態と考えることができます。

したがって稼働率は C案>B案 です。

最後に3つの案を稼働率の高い順に並べると「C案>B案>A案」になります。
© 2015-2019 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop