ネットワークスペシャリスト令和4年春期 午前U 問2

午前U 問2

長距離の光通信で用いられるマルチモードとシングルモードの光ファイバの伝送特性に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • シングルモードの方が伝送速度は速く,伝送距離も長い。
  • シングルモードの方が伝送速度は速いが,伝送距離は短い。
  • マルチモードの方が伝送速度は速く,伝送距離も長い。
  • マルチモードの方が伝送速度は速いが,伝送距離は短い。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク方式

正解

解説

マルチモードとは、光が通り抜けるコア(芯材)の直径が太く、投射した光のエネルギーが流れる道筋を示す線の数が二つ以上の遠くまで伝わり進む経路を取れるものです。光が通り抜けるコアが太いため、送る側から投射した光は投射角によって細かく、複雑な二つ以上の道すじを反射しながら対をなしているものの一方まで到達するのです。通っていく道すじの長さが違っているため、到達する時間も一言では言い表せないほど細かく複雑にずれて、受ける側では信号が分散することではっきりとしなくなるので速度の速い伝送には向いていません。また、光の分散は伝送距離が長いほど大きくなるため、距離の長い伝送にも向いていません

シングルモードとは光が通り抜けるコアが細く、投射した光のエネルギーが流れる道筋を示す線が単一の遠くまで伝わり進む経路を取るもので、距離の長い伝送や速度が速い通信プロトコルで使用されています。

したがって「ア」の記述が適切です。
© 2015-2022 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop