ネットワークスペシャリスト令和3年春期 午前T 問12

午前T 問12

暗号学的ハッシュ関数における原像計算困難性,つまり一方向性の性質はどれか。
  • あるハッシュ値が与えられたとき,そのハッシュ値を出力するメッセージを見つけることが計算量的に困難であるという性質
  • 入力された可変長のメッセージに対して,固定長のハッシュ値を生成できるという性質
  • ハッシュ値が一致する二つの相異なるメッセージを見つけることが計算量的に困難であるという性質
  • ハッシュの処理メカニズムに対して,外部からの不正な観測や改変を防御できるという性質
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    令和3年春期 問40と同題

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

ハッシュ関数は、任意の長さのデータを入力すると固定長のビット列(ハッシュ値,メッセージダイジェスト)を返す関数で、次のような性質を持っています。
  • 入力データが同じであれば、常に同じメッセージダイジェストが生成される。
  • 入力データが少しでも異なっていれば生成されるメッセージダイジェストは大きく異なったものになる。
  • メッセージダイジェストから元の入力データを再現することが困難である。
  • 異なる入力データから同じメッセージダイジェストが生成される可能性が非常に低い。
このうち3つ目の「あるメッセージのハッシュ値を得ることは簡単にできるが、その逆は事実上できない」というハッシュ関数の一方向性を「原像計算困難性」といいます。したがって「ア」が適切な説明となります。

ちなみに「ウ」は、衝突発見困難性(強衝突耐性)を説明した文です。
© 2015-2021 ネットワークスペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop