平成30年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問7

午前Ⅱ 問7解説へ
DNSでのホスト名とIPアドレスの対応付けに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • 一つのホスト名に複数のIPアドレスを対応させることはできるが,複数のホスト名に同一のIPアドレスを対応させることはできない。
  • 一つのホスト名に複数のIPアドレスを対応させることも,複数のホスト名に同一のIPアドレスを対応させることもできる。
  • 複数のホスト名に同一のIPアドレスを対応させることはできるが,一つのホスト名に複数のIPアドレスを対応させることはできない。
  • ホスト名とIPアドレスの対応は全て1対1である。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:通信プロトコル
ドメイン:ホスト名は「1:n」「n:1」のどちらの関係も設定することができます。

1つのホストに複数のIPアドレスを対応させる仕組みとして、複数台のサーバに負荷を分散する「DNSラウンドロビン」があります。
またFTPサーバとWebサーバ、SMTPサーバとPOPサーバなどが1台のサーバ内で運用されている場合にはDNSの「Aレコード」や「CNAMEレコード」の記述で複数ホスト名を1つのIPアドレスに関連つけることができます。さらに複数のドメインを1つのサーバで運用する「バーチャルホスト」も複数のホスト名に同一のIPアドレスを対応させる仕組みです。
07.gif
したがって正解は「イ」です。

この問題の出題歴


Pagetop