平成30年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問8

午前Ⅱ 問8解説へ
IPv4ネットワークのマルチキャスト通信で,ローカルセグメントにおいて,配信を受けるホストのグループを管理するために用いられるプロトコルはどれか。

  • ICMP
  • IGMP
  • RTP
  • SDP
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:通信プロトコル
IGMP(Internet Group Management Protocol)は、IPマルチキャストに参加するホストと、そのホストが隣接しているルータ間で、IPマルチキャストアドレスのグループを制御するためのIPv4のプロトコルです。「グループへの参加」「グループの問い合わせ」「グループの維持」「グループからの離脱」という4つの機能を持っています。
なお、IPv6ではIGMPに相当するプロトコルをMLD(Multicast Listener Discovery)と呼んでいます。機能も同じです。
  • Internet Control Message Protocolの略。インターネットプロトコル(IP)の通信制御を補完するプロトコルで、データ配送中のエラー通知や送達エラーを通知する機能を持ちます。
  • 正しい。
  • Real-time Transport Protocolの略。音声や動画などのデータストリームをリアルタイムに配送するためのデータ転送プロトコルです。
  • Session Description Protocolの略。リアルタイム通信の開始前にクライアント-サーバ間で交換されるメディア配信に必要なパラメタ群の記述構文を規定したプロトコルです。セッション名及びセッション情報や、音声・映像などのメディアの種類、データ通信のためのプロトコル、使用するポート番号などを記述します。

Pagetop