平成26年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問9

午前Ⅱ 問9解説へ
IPv4におけるARPのMACアドレス解決機能をIPv6で実現するプロトコルはどれか。

  • DHCPv6
  • ICMPv6
  • IGMPv2
  • RIPng
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:通信プロトコル
ICMPv6(Internet Control Message Protocol for IPv6)は、IPプロトコルの補完する役割をもつICMPをIPv6環境に対応させたプロトコルです。
IPv4におけるARPの機能(アドレスの解決、IPアドレスの重複検出)は、IPv6ではICMPv6の「近隣要請メッセージ」と「近隣告知メッセージ」で提供されます。またIPアドレスの自動設定の手段としてもICMPv6が使用されます。

したがって「イ」が正解です。
  • DHCPv6は、IPアドレスの自動割り当てを自動で行うDHCPのIPv6版です。
  • 正しい。
  • IGMPv2は、IPv4ネットワークでマルチキャストグル―プを管理するプロトコルです。IGMPには1,2,3の3つのバージョンがあります。
  • RIP Next Generationの略。ルーティングプロトコルのRIPをIPv6に対応させたプロトコルです。

Pagetop