平成24年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問24

午前Ⅱ 問24解説へ
通信プロトコルの記述などに使用される表記法であり,事象の発生と,そのときの状態に応じたシステムの動作を記述するのに,最も適切なものはどれか。

  • 決定表
  • 状態遷移図
  • データフローダイアグラム
  • 特性要因図
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア開発管理技術
小分類:開発プロセス・手法
  • 決定表は、条件の組合せとその条件に対する処理や行動の関係を整理した一覧表です。
    24a.gif
  • 正しい。状態遷移図は、時間の経過や事象の変化に応じて状態が変わるようなシステムの振る舞いを記述するときに適した図式化手法で、プロセス制御などの事象駆動(イベントドリブン)による処理の仕様を表現するときに用いられます。
  • データフローダイアグラムは、データの流れに着目して、その対象となる業務のデータの流れと処理の関係をわかりやすく図式化する構造化分析の手法です。
    24u.gif
  • 特性要因図は、特性(結果)とそれに影響を及ぼしたと思われる要因(原因)の関係を体系的に表した図です。直接的な原因と間接的な原因に分別したり、真の問題点を明確にするために使用されます。
    24e.gif

Pagetop