平成24年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問23

午前Ⅱ 問23解説へ
マルチプロセッサによる並列処理で得られる高速化率(単一プロセッサのときと比べた倍率)Eを,次の式によって評価する。r=0.9のアプリケーションの高速化率がr=0.3のものの3倍となるのは,プロセッサが何台のときか。
23.gif
ここで,
 n:プロセッサの台数(1≦n)
 r:対象とする処理のうち,並列化が可能な部分の割合(0≦r≦1)
とし,並列化に伴うオーバヘッドは考慮しないものとする。

  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:コンピュータ構成要素
小分類:プロセッサ
少し複雑になりますが、r=0.3の高速化率を3倍した式と、r=0.9の高速化率を表す式を方程式にして解いていきます。
23a.gif
以上の計算から答えはプロセッサが6台以上とわかります。

Pagetop