平成28年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問9

午前Ⅱ 問9解説へ
MPLSの説明として,適切なものはどれか。

  • IPプロトコルに暗号化や認証などのセキュリティ機能を付加するための規格である。
  • L2FとPPTPを統合して改良したデータリンク層のトンネリングプロトコルである。
  • PPPデータフレームをIPパケットでカプセル化して,インターネットを通過させるためのトンネリングプロトコルである。
  • ラベルと呼ばれる識別子を挿入することによって,IPアドレスに依存しないルーティングを実現する,ラベルスイッチング方式を用いたパケット転送技術である。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:通信プロトコル
MPLS(Multi Protocol Label Switching)は、IPパケットにラベルと呼ばれる情報を付加し、その情報を基にしたスイッチングでパケット転送を行う技術です。
ユーザごとに異なるラベルを用いたIP-VPN網での利用や、MPLSネットワーク内でパケットの転送経路を明示的に選択したい場合などに使用されます。
  • IPsecの説明です。
  • L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)の説明です。
  • PPTP(PPP Tunneling Protocol)の説明です。
  • 正しい。MPLSの説明です。

この問題の出題歴


Pagetop