平成26年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問3

午前Ⅱ 問3解説へ
180台の電話機のトラフィックを調べたところ,電話機1台当たりの呼の発生頻度(発着呼の合計)は3分に1回,平均回線保留時間は80秒であった。このときの呼量は何アーランか。

  • 4
  • 12
  • 45
  • 80
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:ネットワーク方式
アーランは、単位時間当たりのトラフィック量を表す単位で、単位時間(例えば1時間)に1本の回線を100%利用したときのトラフィック量を1アーランとします。

設問の条件を整理して、今回は1時間当たりのトラフィックで計算していきます。
  • 発着呼は3分に1回発生するので1台の電話機に20回が発生
  • 電話機は180台
  • 平均回線保留時間(回線使用時間)は、1回の発着呼当たり80秒
したがって総回線使用時間は、

 80秒×20回×180台=288,000(秒)

1時間は3,600秒なので、このときの呼量は、

 288,000÷3,600=80(アーラン)

よって正解は「エ」です。

※通信呼量の単位アーラン(Erlang)の名称は電話トラフィック理論の創立者であり、アーランのB公式, アーランのC公式を示したA.K.Erlang氏の名にちなんだものです。

この問題の出題歴


Pagetop