平成24年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問8

午前Ⅱ 問8解説へ
ハミング符号の用途の説明として,適切なものはどれか。

  • Bluetooth通信で,ビット誤りを訂正するために使われている。
  • G3ファクシミリで画像データの圧縮に使われている。
  • HDLCフレーム内のビット誤りを検出するために使われている。
  • MP3でオーディオデータの圧縮に使われている。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:データ通信と制御
ハミング符号は、送信される情報ビットに対して検査ビットを付加することで、受信側で2ビットの誤り検出と1ビットの自動訂正機能をもった方式です。
ECCメモリやRAID 2、Bluetoothの誤り訂正方式として採用されています。
  • 正しい。
  • 一次元符号化方式であるMH(Modified Huffman)方式の説明です。
  • HDLCではCRC(Cyclic Redundancy Code,巡回冗長符号)による誤り制御が採用されています。
  • 圧縮方式であるハフマン符号の説明です。

Pagetop