平成24年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問13

午前Ⅱ 問13解説へ
IPv4とIPv6の両方にある機能はどれか。

  • 実時間処理用のパケットを処理するためのフローラベル
  • パケットヘッダの誤りを検出するためのチェックサム
  • 一つのパケットで複数のノードにデータを配送するためのマルチキャスト
  • 複数のノードのうち経路上最も近いノードにデータを配送するエニーキャスト
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:通信プロトコル
  • フローラベルは、通信の品質制御で使用されることを目的としてIPv6で追加されたフィールドです。IPv4には存在しません。
  • チェックサムは、IPヘッダの誤りを検出するためにIPv4で使用されていたフィールドですが、ルータの負荷軽減を目的としてIPv6では削除されています。
  • 正しい。両方にある機能です。IPv6ではIPv4にあったブロードキャストアドレスが廃止されたため、IPv6のマルチキャストはブロードキャストの役割を兼ねています。
  • エニーキャストはIPv6で導入された仕組みです
厳密に言えばIPv4でもDNSルートサーバの冗長化などにIPエニーキャストの仕組みが使用されていましたが、正式に規格化されたのはIPv6からです。

Pagetop