平成22年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問11

午前Ⅱ 問11解説へ
IPv6においてIPv4から仕様変更された内容の説明として,適切なものはどれか。

  • IPヘッダのTOSフィールドを使用し,特定のクラスのパケットに対する資源予約ができるようになった。
  • IPヘッダのアドレス空間が,32ビットから64ビットに拡張されている。
  • IPヘッダのチェックサムフィールドを追加し,誤り検出機能を強化している。
  • IPレベルのセキュリティ機能(IPsec)である認証と改ざん検出機能がサポート必須となり,パケットを暗号化したり送信元を認証したりすることができる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:通信プロトコル
  • TOS(Type of Service)は、IPv4においてパケットの通信品質を指定するフィールドです。しかし利用された実績がほとんどないためIPv6では廃止され、TOSに代わりトラフィッククラスという8ビットのフィールドに変更されています。
  • IPv6のアドレス空間は128ビットです。
  • チェックサムフィールドはIPv4では存在しましたが、ヘッダの構造を簡素化するためにIPv6では廃止されています。
  • 正しい。IPv6ではIPsecの実装が必須になり、IP層でのセキュリティが強化されています。

この問題の出題歴


Pagetop