令和3年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問2

午前Ⅱ 問2解説へ
DNSのMXレコードで指定するものはどれか。

  • エラーが発生したときの通知先のメールアドレス
  • 管理するドメインへの電子メールを受け付けるメールサーバ
  • 複数のDNSサーバが動作しているときのマスタDNSサーバ
  • メーリングリストを管理しているサーバ
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:通信プロトコル
MXレコードの「MX」はMail eXchangeの略で、そのDNSが管理しているドメイン宛てのメールを受け付けるメールサーバを定義するレコードです。メールの送信先をDNSに問い合わせるとMXレコードの値が返されるので、そのメールサーバを宛先IPアドレスに設定してメールを送信することになります。
02.gif
したがって正解は「イ」です。
  • DNSでは管理者のメールアドレスをSOAレコードで指定するようになっています。
  • 正しい。MXレコードはそのドメインのメールサーバを指定するリソースレコードです。
  • マスタDNSサーバはSOAレコードで指定します。
  • メーリングリストを管理するサーバ(メーリングリストサーバ)を指定するものではありません。

Pagetop