令和3年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問13

午前Ⅱ 問13解説へ
インターネットプロトコルのTCPとUDP両方のヘッダに存在するものはどれか。

  • 宛先IPアドレス
  • 宛先MACアドレス
  • 生存時間(TTL)
  • 送信元ポート番号
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:通信プロトコル
TCPUDPは、どちらもTCP/IP階層モデルのトランスポート層に位置するプロトコルです。トランスポート層のプロトコルは、データを端末上の適切なプログラムへ届ける役割を担うので、通信を行うプログラムを識別するための送信元/宛先ポート番号がヘッダ部に存在します。したがって「エ」が正解です。
  • 宛先IPアドレスはIPヘッダに含まれる情報です。
  • 宛先MACアドレスはMACヘッダに含まれる情報です。
  • 生存時間(Time to live)は、最大で幾つのルータを経由してよいかを指定するフィールドで、IPヘッダに含まれます。
  • 正しい。送信元ポート番号はTCP/UDPヘッダに含まれる情報です。
なおTCP及びUDPヘッダのフォーマットは次のようになっています。(図中の括弧内の数字はビット長です。)
13.gif

この問題の出題歴


Pagetop