平成30年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問11

午前Ⅱ 問11解説へ
IPv4のマルチキャストに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • 全てのマルチキャストアドレスは,アドレスごとにあらかじめ用途が固定的に決められている。
  • マルチキャストアドレスには,クラスDのアドレスが使用される。
  • マルチキャストパケットは,TTL値に関係なくIPマルチキャスト対応ルータによって中継される。
  • マルチキャストパケットは,ネットワーク上の全てのホストによって受信され,IPより上位の層で,必要なデータか否かが判断される。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:通信プロトコル
IPマルチキャストは、特定のグループに所属する全てのホストに同時送信を行うための方法です。マルチキャストを送受信するグループへの参加や離脱の管理にはIGMP(Internet Group Management Protocol)が使用されます。
11_1.gif
  • "224.0.0.1"や"224.0.0.2"などの一部のアドレスはWell-Knownアドレスとして用途が決められていますが、他のアドレスは用途ごとのアドレス範囲の中で自由に使用することができます。
  • 正しい。マルチキャストアドレスには先頭4ビットが「1110」であるクラスDのIPアドレスが使用されます。
    11_2.gif
  • 通常のユニキャストと同じくIPヘッダー内のTTL(Time To Live)の数値によって到達範囲が制限されます。
  • マルチキャストグループに参加するクライアントは同じネットワーク上のルータに対して自身の存在をIGMPメッセージで通知し、データの転送を依頼します。そしてマルチキャストパケットを受けとったルータは、IPアドレスのグループ番号を確認し、自身の先にデータを受け取るクライアントがいる場合にだけデータの転送を行います。
    この仕組みによってマルチキャストではグループに参加しているホストだけにデータが転送されます。またデータ転送の要否はIPアドレス(IP層)で判断されます。

この問題の出題歴


Pagetop