平成30年秋期試験午前問題 午前Ⅰ 問26

午前Ⅰ 問26解説へ
観測データを類似性によって集団や群に分類し,その特徴となる要因を分析する手法はどれか。

  • クラスタ分析法
  • 指数平滑法
  • デルファイ法
  • モンテカルロ法
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:OR・IE
クラスタ分析法とは、複数の変数(項目、属性、次元数)を持つデータ(多変量データ)を利用し、その変数間の相互の関係性をとらえるために使われる多変量解析の手法です。複数の異なる性質のものが混ざり合っている対象の中から、類似したものを集めてグループを作り、対象を分類するために用いられます。
  • 正しい。
  • 指数平滑法は、過去の予測値と実績値を利用して需要値を予測する方法です。
  • デルファイ法は、多数の専門家が他の専門家の意見も相互に参照しながら意見交換をし、最終的に意見の収束をしていく方法です。
  • モンテカルロ法は、数値解析の分野において、確率を近似的に求めるために使われる手法です。n回のシミュレーションを行い、ある事象がm回起これば、その事象の起こる確率は m/nで近似できます。試行回数nが大きくなるほど、よい近似値となります。

Pagetop