平成27年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問17

午前Ⅱ 問17解説へ
無線LANにおけるWPA2の特徴はどれか。

  • AHとESPの機能によって認証と暗号化を実現する。
  • 暗号化アルゴリズムにAESを採用したCCMP(Counter-mode with CBC-MAC Protocol)を使用する。
  • 端末とアクセスポイントの間で通信を行う際に,TLS Handshake Protocolを使用して,お互いが正当な相手かどうかを認証する。
  • 利用者が設定する秘密鍵と,製品で生成するIV(Initialization Vector)とを連結した数字を基に,データをフレームごとにRC4で暗号化する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:セキュリティ実装技術
WPA2(Wi-Fi Protected Access 2)は、無線LANのセキュリティプロトコルWPAの脆弱性を改善した次期バージョンです。暗号化アルゴリズムがWEP、WPAで使用されていた脆弱性のある「RC4」からNIST標準の「AES」に変更され、解読攻撃に対する耐性が高められています。
  • AHとESPを使用するのはIPsecです。
  • 正しい。
  • WPA2には、SSL/TLSを使用する規定はありません。
  • WPA2における暗号化には128ビット以上のAESが推奨されます。

Pagetop