平成24年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問4

午前Ⅱ 問4解説へ
図のネットワークで,数字は二つの地点間で同時に使用できる論理回線の多重度を示している。X地点からY地点までには同時に最大幾つの論理回線を使用することができるか。
04.gif

  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:ネットワーク方式
2つの地点の区間別の論理回線数は以下のようになっています。
04_1.gif
図の区間Bが論理回線10本なので、同時使用可能な論理回線数は10本以下です。

具体的な10本の論理回線の組合せは複数あると思うのですが、以下のように10本が同時に使用可能とわかります。
04_2.gif
したがって「10本」が正解です。

この問題の出題歴


Pagetop