平成21年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問8

午前Ⅱ 問8解説へ
DHCPを用いるネットワーク構成で,リレーエージェントが必要になるのは,ネットワークにどの機器が用いられている場合か。

  • スイッチングハブ
  • ブリッジ
  • リピータ
  • ルータ
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:データ通信と制御
DHCPにおけるIPアドレス割り当てでは、クライアント端末のIPアドレスが未定である関係でブロードキャストパケットを使用して通信を行います。
企業や学内などの規模の大きなネットワークでは複数のセグメントをルータで接続しますが、これらのネットワークを1つのDHCPサーバで管理しようとすると、ルータがブロードキャストパケットを中継しない(ルータの外側はブロードキャストドメイン外)ためDHCPクライアントとDHCPサーバが通信できない問題が生じます。

これを解決するのがDHCPリレーエージェントです。
したがってリレーエージェントが必要になるのはネットワークにルータが用いられる場合です。

リレーエージェントを用いてDHCPメッセージをやり取りする流れは以下のようになります。
  1. IPアドレスの割り当てを要求するDHCPクライアントは、DHCPメッセージをブロードキャストする。
  2. リレーエージェントはDHCPメッセージを受信すると、その内容を取り出しユニキャストでDHCPサーバに転送する。
  3. DHCPサーバは、それを受信するとユニキャストでリレーエージェントに送信する。
  4. リレーエージェントはDHCPメッセージを受信すると、その内容を取り出しブロードキャストでDHCPクライアントに転送する。
一般にはルータ上でリレーエージェント機能を動作させます。
08.gif

この問題の出題歴


Pagetop